防水・コーキング工事

サイディング施工後一枚一枚張り合せた時に出来る継ぎ目や窓廻り、バルコニー部などの隙間となる場所にコーキング材を注入して仕上がる工事です。
家の雨漏れやひび割れの原因となる場所に防水性・伸縮性にすぐれた材料を選びその時に適した施工を行います。

施工の流れ

①施工前の天候の確認

接着面が乾燥しているか状態を確認します。

② 接着面の清掃

接着面にゴミや水分が残っていると接着不良の原因となる為除去します。

③マスキングテープ貼り

③マスキングテープ貼り

サイディング専用のテープで壁面が汚れないように目張りで養生します。

④プライマリー塗布

④プライマリー塗布

コーキング施工面に接着力が増す薬剤を入念に塗りムラのない様塗布します。

⑤コーキング材注入

⑤コーキング材注入

目地の幅に合わせ施工面にコーキングガンを使用して各箇所に盛上る様に充填していきます。

⑥コーキングヘラで仕上げる

⑥コーキングヘラで仕上げる

コーキング材を注入した箇所をヘラで押え隙間のない様調整して仕上げます。

⑦マスキングテープをはがす

⑦マスキングテープをはがす

コーキング材が硬化しない間にテープを巻きつけながらはがします。

⑧清掃

⑧清掃

コーキング材、プライマー等で付着した箇所など変色の原因となる為布等で完全にふき取ります。

コーキング剤について

プライマーを使用する事でコーキング材の接着力が変化し、仕上がりも変わります。

コーキング工事で使用するコーキング材は2つに分けられます。

  • 1成分型:自然に硬化するタイプ
  • 2成分型:硬化材を混ぜて硬化するタイプ

当社は1成分型を使用しております。

湿度や温度によって伸び縮みしたり、天災等により外壁の隙間にたるみやずれが生じるのに対して、気密性や防水性を確保しなければなりません。そのためにコーキングは建物にとって最も重要となります。

当社のコーキング工事はコーキング剤を目地の隙間に注入するだけではなく、きちんとした手順を踏まえて、外壁の材料及び耐久性の高い質の良い物を選びその場に適した施工を行います。

マスキングテープ
マスキングテープ
バックアップ材
バックアップ材
プライマ
プライマ
コーキング材料
コーキング材料